日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカルピー様修行するなり

どうも今晩は~力戦車です~

はい、と言う事でこの前書きました通りスカルピー様の練習を開始いたしました~
あ、スカルピー様を知らない方の為に簡単な説明を・・・

ダイセル ファインケム社から出ているオーブン等で焼くと固まるプラスチック造形材の名前が「スーパースカルピー」と言うんです。

ですが、

僕の中では初めて使った時から使いこなすのが難しい素材と言う苦手意識があり今でも畏怖の念からスカルピー様と呼んでおります(汗)

で、母上様も出来たので次へ行く前に、ちといじって練習しようかな~と。
将軍変身前の仕上げと同時進行でこれからしばらくやっていきます~

でだ

何を作るかですが・・・まぁ手っ取り早く頭だけ作るってのがいいかなぁと。
ワンフェスに出すとするなら版権の絡まない動物の頭なんかどうだろう・・・?と。

で、僕は自分の好きな灰色狼の頭を作ろうと思います!
最近のマイブームでもありますバルサ材を積層して大型カッターで大体の形に削り出し。
そして2年ぶりに密封ビンからスカルピー様を出してみたら・・・

全然普通に使えました(汗)
パリパリになっていたり~とか予想していたのに肩透かし食らっちゃいました(苦笑)

で、出来たバルサ材骨にスカルピー様を盛り付けて形出ししていきます。

あれ?なんか物凄く使いやすい・・・?
あっという間に顔が出来ちゃった・・・・
物凄く使いやすい素材に感じるのは気のせい・・・・?

あ、ちなみにスカルピー様は焼かない限りある程度の粘土的固さを保ったままです。
エポパテ・ポリパテ・ファンド等と違い、時間で硬化しない素材です。

何かエポパテよりもしっくりきちゃってるのが、自分でも困惑してますが・・・(汗)
確かに母上様ほとんど制作方法スカルピー様と同じだったしなぁ・・・
サブ足もパテ盛ってモールド入れただけだし・・・・
一切削ってないもんな~・・・

う~んこんなに困惑するとは思いませんでした(汗)
まるでインプレッサとハチロクを交互に乗って困惑する拓海の様な気持ちです(イニDファンしか解らない)

そんな感じで珍しく困惑してます(苦笑)


・・・・と、これが金曜日深夜の作業日記です。
この後、日頃の仕事の疲れが出たのか急に体調を崩して早めに就寝。


↓これが14日土曜日の制作記です。↓
あわせてご覧下さい。


と、言う事で今晩も昨晩の続きでスカルピー修行ですが、
順調・・・なのだとは思いますが、焼くタイミングが解らないんですよね・・・(汗)

途中で一度焼いてその上に盛り足したり出来るものなんでしょうか?
何と無く思うのがとことん形出して最後にバキッと焼くのがいいのでしょうけど~・・・う~ん試しに一度焼いてみるかなぁ?

まぁ修行ですから今のうちに失敗しまくって経験積まないと解らないですよね!
釜に入れて1600度で焼いてやる!!
もしくはロクロで回してテッカテカにしてやろうか!ってなもんですよ。

それとスカルピー様の元からの肌色がいまいちモールドが見えなくて何彫っているのか解らなくなる事がありやや困りですね~
ライトを近づけて陰影確認しながら彫ってますが結構難儀してます(汗)

けど苦戦していてもこの土日の休日で出来てしまいそうなペースではあります(汗)
やっぱり凄く使いやすい素材だと思います。
ペト~スィスィスィス~って作業が進むってなもんですよ。

画像の灰色狼連打資料は海外のサイトからバッコリお借りした画像を貼り付けて作りました(汗)
海外サイトは資料作りに欠かせません(軽犯罪)

そんな感じです。

以上、土日に渡っての作業内容でした~
徐々に制作記がずれてきてますが気にしない気にしない。



20070411_ookami_a.jpg

20070411_ookami_b.jpg

20070412_wolf_a.jpg

20070412_wolf_b.jpg

20070412_wolf_c.jpg

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/79-af7dac49

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。