日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻ウォーター全開、息苦しいフガフガしてます

どうも今晩は~力戦車です~

寝冷えしたのか寒暖の差にやられたのか鼻風邪ひいてしまいました(汗)
全日本鼻水選手権とか出たら、審査員特別賞貰えそうな位鼻水が止まらない事態に。
はだがづばってくどぅしぃれす(鼻水)

とは言え

鼻が詰まって口でしか息が出来ないのに防塵マスク付けてバルサ材削る訳です。
酸欠で妙に楽しい気分になるのは多分気のせいでしょう。



新作「虫の幼虫(仮)」の基礎作りです。

今回も使用するのはいつもお世話になっているKAWAI社のバルサ材60センチ棒タイプ。
それを大体のイメージに近いサイズまで切り出して、瞬間接着剤でくっ付けて切ってくっ付けてを繰り返します。

パッと見、カラフルな木材の塊にしか見えませんが、既にこの中に虫は居るんです。

よりイメージに近付く様にバッコンバッコン削り倒していきます。
この辺はポリパテの削り出し作業に近く、元の塊から50%位削り落として形を出していきます。
半分以上が無駄になるバルサ材。
地球に厳しい力戦車工房(汗)



二日に渡り、削り倒して大体の基礎が出来てきました。
ギリギリ僕の手の平に乗るサイズに収まりましたが、デカイと言えばデカイ(汗)
ちょっとしたエクレアサイズの幼虫(笑)

これは中空にしないとハンパ無く重い不気味なキットになる(汗)
まぁ~万人受けは100%無いけど、その筋の人にはタマラナい仕上がりになると思うのでご期待下さい(礼)

幼虫(仮)って名前もなんだし、名前考えないとなぁ~
原住民に恐れられていて、現地の言葉で「目の多い悪魔」と呼ばれているとか言う雰囲気が名前に出せれば・・・・

中南米の単語でも調べてみようかな~
原住民が震えながら森を指差して、口々に「パワカルメトゥトゥ!」「パワカルメトゥトゥ!」みたいな感じが欲しい(笑)

とりあえず土日に荷物発送準備して、余裕あったらスカルピー様盛り付けていこうと思います。

やっぱりオリジナルはマジで楽しいと再確認。
そんな感じです。

あ!し、仕事も楽しいですよ!楽しい(ド汗)

imomushi_a.jpg
imomushi_b.jpg
imomushi_c.jpg
imomushi_d.jpg
imomushi_e.jpg
imomushi_f.jpg
imomushi_g.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/420-820fc255

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。