日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋へ行けば衝動買い、資料は大事

どうも今晩は~力戦車です~

次回ワンフェスの会場の幕張メッセの場所を知り、動揺を隠せない一日でした(汗)
東京駅からかなり遠いなぁ~。

泊まる所もいつものホテルでは遠過ぎるので、新しく探さないといけないし、まるでワンフェスに初めてチャレンジした時のようですな(汗)

地方からワンフェス参戦されている方は皆困惑されているのではないでしょうかね~
まぁ何とかなるか~



今日は本屋に行き、資料になりそうな本を探っていたらイイのがありました。

「エビ・カニ ガイドブック」、
古美術専門誌「緑青」の「根付」特集号、

甲殻類のフォルムのユニークさには前から興味があったので、特にユニークな種類が掲載されている本を買ってみました~

もう見た事無いフォルムとカラーリングのエビとカニとヤドカリに刺激受けまくりで買った甲斐がありましたね~

これは良い刺激物です(笑)

そして、二冊目ですがこれまた前から根付に興味があったので、購入してみました。

根付と言うのは今で言えば・・・・携帯のストラップが一番近いものですかね?
江戸時代の印籠とか持ち手の紐の締め具として付けられていたマスコット・アクセサリーの様な物です。

小さい物は3~4センチ、大きい物で10センチ位のモノですがそんなサイズとは思えない位非常に彫刻が細かく見ていて勉強になりますな~

制作モチーフに割と動物が選ばれているのですが、とてもイキイキとしていて、それで居てユーモラスでもあるデザイン処理に江戸時代の職人さんの粋な心を感じましたね~

僕も木彫りでチャレンジしてみたくなりました(汗)
これまた良い刺激頂きました(礼)

で、ヒューゴーの作業は全く進みませんでしたと言うオチで日記を終えたいと思います(汗)
そんな感じです。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/392-7065b45e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。