日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒレが付いたら魚度アップ!!ボキボキ折れるヒレ先伝説

どうも今晩は~力戦車です~

ここ数日はネチネチとガノトトスのヒレ作りをしておりましたが~まぁヒレ先が折れまくりで大変でしたね(汗)

最初はいつもの様にスカルピー様でヒレを作ってみたんですが、もうこれ以上無いって位にポリポリヒレ先が折れる折れる(涙)

形出しはしやすいんですが、やはりこー言うピンピンに尖らせる部分にはむかないですね。



こう言う時はマジックスカルプ先生の出番です。

一応バルサ材のチップを作り、それにマジスカ先生を盛り付けヒレ状にビヨーンと延ばしていきます。

ある程度の基礎が出来たら殺人オーブントースター様で20分焼き入れ。
マジスカ先生はスカルピー様と同設定で焼くと作業出来る位硬化させれます。

焼き入れ出来たら~その出来た基礎にヒレのピンピン尖り部分の出来上がり長さを読んで針金の芯を植えていきます。

植えれたらそれに再びマジスカ先生を盛り、ピンピンに延ばしていきます。
まぁ後から削って尖らせる事も出来るのである程度にして焼き入れ。

で、中略

スカルピー先生でディテール追加してヒレほぼ完成!!

本体との接合部も同時進行で作業していたので、最後に合体させてみました~
んん~猛毒持ってそうな凶悪な魚に見えるな~とまぁまぁの達成感。
全国のガノトトスファンの方、如何でしょうか?

本日ぎょぴ丸先生に頂いた追加画像資料が届き、見えなかった頭上部のウロコも把握出来たので、これからもっと精度上げていきます~

そんな感じで今日も好調~





ガノトトスの製作中に原型を見ていて思い出したE級ジョーズ映画「ディープ・ライジング・コンクエスト」が見たくなりYoutubeで探した所、名シーンを見事に繋いだ動画を発見。

自分が昔描いていたマンガに似たシュールな皆さんの死にっぷりに感動して下さい。
ちなみにこの映画はここが見せ場なのでレンタルしなくていいです(笑)

20080924_ganototo_a.jpg
20080924_ganototo_d.jpg
20080924_ganototo_b.jpg
20080924_ganototo_c.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/362-97f965e5

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。