日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料届いた、フランスからまた本届いた。届き日和

どうも今晩は~力戦車です~

本日、日本アマゾンから資料として頼んでいた
「Living With Wolves」、
「Call Of The Wolf」の二冊。
フランスアマゾンから
ヒメネス先生のデザイン画集
「La caste des Méta-Barons : La Maison des ancêtres」の一冊が届きました~

タマラン人にはタマラナイ狼しか載っていない、ピンポイントかつマニアック写真集二冊は新作の「灰色狼全身像」の作る為に購入しました~

とにかく狼のキレイな画像しか載っていない写真集で、制作する為の参考資料として使う以外にも、ただ純粋に自分が見たかったと言う理由もありで良い買い物になりました。
版形が大きいのも細部が見れて良い感じ。



ヒメネス先生のデザイン画集は「La caste des Méta-Barons」のラフデザとか載っているんですが、やはり本編読んでいないのでイマイチ解らない結果に(苦笑)
後半に僕みたいな人の為に第一話が収録されてますが、セリフが当然の様にフランス語なので、少しずつ訳しながらなので読むのに物凄く時間が掛かる(汗)

まぁ絵を見ているだけでも何と無く解るので良いんですけどね(汗)

そんな感じで狼全身像の素体作りでバルサ材バキバキ削っております~
夏に間に合えば全身像を二発出せるかと(礼)

20080303_hon_a.jpg
20080303_hon_b.jpg

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/272-440841be

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。