日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬制作順調なり、バルサ削りは楽しいですよ

どうも今晩は~力戦車です~

本日かなり雪らしい雪が降る位京都は寒かったですなぁ。
今も寒い事は寒いんですけど、室内は例の電気「狂」ストーブ様が熱波を放っておられるので、暖かいを遥かに通り越して熱い位です(汗)
冬にかく汗は異様(汗)

と、言う事で火曜日から始めております制作依頼のお馬さんですが、本日大体のバルサ材での素体作りが出来ました~

まだまだ太い部分があるので、スカルピー様盛り付け作業前に削りこみをしないとだめですがまぁほぼ基礎の形出しは出来たかなぁと。

馬の全身像を作るにあたり、まず完成サイズを決めて・・・今回は飾って大き過ぎず見映えもするサイズ、頭頂まで約16センチと決めました。



そこから各パーツにあたる部分の長さを測ってバルサを削っていきますが、毎回基準にするのは頭部分なのでまずは頭の大きさを決めます。

ですが

集めた資料画像では大きさの比較になる資料が無かったので、
急遽「実写版三国志演義」をバキッと再生。

董卓暗殺に失敗した曹操が馬に隠れて逃げるシーンで曹操がやたら馬に頭を近づけるシーンで一時停止ボタンをバキーッと(笑)

曹操の頭のサイズと馬の頭のサイズを比べ、比率計算して馬の基準サイズが出ました!

今回の馬は曹操頭基準です(笑)

基準が出来れば後は簡単なもんでバルサをボキボキカッターで削っていけば・・・削っていけば・・・・素体完成!!!
(結構時間掛かってます、汗)

明日はまだ盛り付けにいけるか微妙なとこですが、ペースが上がればいけると思うので頑張っていきます~!!

これで大体のサイズは出たし、ディスプレイケースの発注とベースをどうするか考えないと・・・

そんな感じでイベント前だろうが好調なり~

20080117_uma_a.jpg
20080117_uma_b.jpg
20080117_uma_c.jpg


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/252-42f74fac

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。