日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷲の着地点は何処?

どうも今晩は~力戦車です~

昨日一日ゆっくり身体休めて調べ物や溜まっていた読んでいない本を読んだりマッタリ過ごしておりました~

で、ようやく北海道から頼んでいた本が三冊届きました~
今回も「魅惑の仏像」です(汗)
「20 阿弥陀三尊」、
「23 如意輪観音」、
「26 釈迦如来」の三冊。

どれも正統派?の仏像で刺激になりましたね~
特に如意輪観音の仏像全体のまとまりと構成には影響されそうです(汗)
カッコいいなぁ仏像(笑)

オカンのお兄さんが趣味で小さい木彫りの仏像作られているそうなので、僕もやってみたいんですが時間が無い(涙)



白頭鷲全身像のベースですが、今回の全身像はどこかに着地しようとしている瞬間を作っているので、どこかに着地させないといけない訳なんです。

が・・・・なかなかピンと来なくて、とりあえず世界中から集めた鷲画像約1,000枚の中で何処かにとまろうとしている鷲の画像を見ると・・・

1位・・朽ち木の先
1,000枚の中で2~30枚朽ち木にとまろうとしている画像がありました。
割りと太目の朽木のてっぺんにとまろうとするんですね。
生きてる木ではなく朽ち木と言うのがポイントでしょうか。
だいたい途中で折れていて先が平らに近いからいいのかな?

まぁ飛んでて降りるならその辺にある木が一番適しているしこの結果は当たり前といえば当たり前か(汗)

2位・・尖った岩の先らへん
これは割りと皆さんのイメージ通りと言う感じでしょうけど、画像の枚数的には1,000枚中4~5枚と言う所。
意外と少ないんですよね。
ほぼ2位と同数で朽ち木の枝って言うのも4~5枚と言う感じでしたね。

と、言う事でベースを作るならこのどちらかのシチュエーションにしようと思います。
まぁどちらもよさ気なので時間あれば両方作ってもいいんですけどね。

明日から(今日から?)作り始めたいと思いますが、出来れば土日でサクっと仕上げてしまいたい所。
ダラダラしても意味無いですしね~

岩とか木とか殆ど作った事無いけどやるど!!(汗)


20071129_miwakunobutuzou_a.jpg

20071129_miwakunobutuzou_b.jpg

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/224-43400868

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。