日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息を止めてモールド入れ、ここまでくるとヤケです(笑)

どうも今晩は~力戦車です~

今日は遅れている白頭鷲全身像の太もも、背面の盛り付け&作り込みをしてました~

太ももはまだ画像資料見れば解るのですが、飛んでる鷲の背面、特に腰辺りって恐らく殆どの人が見た事無い・・ですよね?(汗)

だいたいの画像は斜め前から見た翼を拡げたカッコいい姿ばかりなので、かなり困りました。

翼をたたんだ後ろ姿画像は一杯あるのですが、羽を拡げた中にある普段見えない背中と尾っぽの付け根の羽は見えないんですよね。



大体鳥の羽の構造は同じだろうと言う事で、海外サイトで骨格図、筋肉図、羽のつき方図を載せてる所があったのでそれを参考にして作ってみました。
けど、参考図がアホウドリだし全然鷲と違う(涙)

まぁ何とかやってみましたがまた明日見ておかしかったら徐々に修正すればイイか!と
モールドで薄い羽が何枚も重なっている表現を目指したのですが何か消化不良で今日はココで断念。

純粋な羽は難しいですね(涙)
また明日頑張ります!

そんな感じで寒いぞ京都。



20071119_eagle_a.jpg

20071119_eagle_b.jpg

20071119_eagle_c.jpg

20071119_eagle_d.jpg

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/217-62f55650

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。