日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数日の話、パソコンは定期的にメンテしないとヤバイです

どうも今晩は~力戦車です~

ここ数日あった事は・・・
この前日記にも書きました取材協力させて頂いた「MFROG」さんに送っておりました一九三と進右衛門の塗装見本が我が家に無事戻って参りました。

とりあえず11月頃にこういう風に載りますよ~的なものが届くらしいので今から楽しみですね。
流石プロカメラマンの撮影は違うなぁ・・と思うんでしょうね~
ほんと楽しみです!



静音パーツ装備で静かだった我がパソコンが、ここ数日何処から鳴っているのか解らないのですが、ファンに軽く棒を突っ込んだみたいなカラカラサウンドが鳴り響き、1時間位動かしていると他のパーツと共鳴起こすのか超高周波みたいなキーンと言う不快な音が鳴り響いて気が狂いそうになったので昨晩ケースを開けてフルメンテ。

夏の間中パソコンの熱暴走を防ぐ為にケースの横フタを開けていたので、ケース内はホコリがえらく積もってました。
ファンとCPUクーラーにも付いていたので無水アルコールをひたした綿棒
でチマチマ磨き掃除。

ホコリ掃除の後は今回の本題の謎の異音を消す原因探りですが、怪しいと思われるポイント、「カラカラ音」は排気ファン等に配線ケーブルが触れていて鳴っている(危険)
「超高周波」は何処かのパーツを留めているネジが緩んでいて、そのパーツの振動がパソコンケース内部で共鳴を起こして高周波が出ると予測。


で、しばらく指差し確認でポイントを見ていくと・・・・
電源ボックスのファンにCPUクーラーへの電源ケーブルが微妙に接触してました(汗)
電源ケーブル切れる→CPUクーラー止まる→CPUチップ焼ける→パソコン死亡→バックアップここ数年してない→力戦車死亡
危ない所でした(苦笑)

ケーブルを結束バンドで軽く縛り当たらない様にして「カラカラ音」回避完了。

お次は「超高周波」ですが、これはネジの緩みが大体原因だと解ってネジチェックしだしたのですが、やはり買ってから散々イジってきた4年ものパソコンです。

あちこち緩みまくりでした(汗)
地味に凄かったのがパソコンケースのフレームのネジ緩みが凄かったですね。
そりゃケースが共鳴して鳴るわって言う位ネジが回りましたし(汗)

そして再び電源ボックスを確認したら、電源ボックスのネジもユルユル(大汗)
全てのネジを確認しながら締めていったのですが、正直締まっているやつの方が少ない状況でしたね。

多分買ってから一度も開けた事無い・メンテもした事無い方のパソコンって凄い状況なんだろうなぁ・・・と思います(汗)

で、ただ今とても静かなパソコンに戻りました~
前はドライヤー回し続けている様な爆音だったのですが、静かになったもんですよ。



後はスカルピー様を触った後に何時までも指先に残っている妙なネットリ感を消す為にアルコールウェットティッシュを購入してきました。
とてもサッパリして良い感じです。
他のスカルピー様使われている方はあのネットリ感をどうされているのでしょうか?
温水、石鹸使用手洗いでも落ちないですよね?あれって。

土日でほぼ形出し終わらせる目標で頑張ります~!
そんな感じで機械イジリも楽しい。


20071005_snake_a.jpg

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ognis.blog65.fc2.com/tb.php/186-7cb81a17

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。