日々盛り削り道

日々チマチマと進む原型制作記を書いてます。 エポパテ・スカルピー様で造型するのが好きな人、 モールド彫り過ぎて何が何やら解らなくなる人が読んで楽しいような気がします。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い、肌寒い、部屋の中は熱い!宛ら人間日本刀

どうも今晩は~力戦車です~

昼間暑い、夜肌寒い、
電気ストーブ全開、部屋の中熱い
と人間での身でありながら、宛ら日本刀を鍛えるかの如くの生活を繰り返しておりますが皆さんお元気でしょうか?(礼)

僕自身は焼き入れし過ぎて若干モロい日本刀になりつつあります(汗)

ここ数日の作業内容があまりにも地味で、日記として成立するのか怪しいぐらいですがお伝えします。

え~左腕と比べて右腕全体が細く見えたので盛り足しボリュームアップ、それに合わせて左腕の関節辺りの筋肉を盛り足しボリュームアップ。

太っている人って脂肪が多いのでそんなに筋肉のカットが出るとか無いから、立体にする時は情報量が不足して間延びして見えるので大変です(汗)

お相撲さんとかマイク・ベルナルドとかバタービーン的な筋肉はあるけどハッキリ見えずマッタリ感が出せればいいなぁと地味に苦戦中です(汗)

そして大仏様のお顔の方もパテが欠けた部分にパテを薄く延ばしてキズ埋め開始。
また悟りの道に近付いた気がします(笑)

よく考えれば次回の新作のアイディアを考え出さないといけない状況ですよね~

今あるイメージは・・・・

一九三と同時期に脱走した兄弟弟子が四人。
その内の一人が陳念。
また兄弟弟子の残り三人のうちの一人を作るか、
それとも前にやめた桔梗屋さんと弥生さんが合体したやつを作るか・・・・
悩みます・・・・。

次の兄弟弟子の一人は・・・一九三と敵対する立場、将軍サイドの人間?になってるイメージあるんでこれも作りたいんですよね~。

桔梗屋さんは・・・イメージ的にかなりデカいので作るの大変そうなんですよね~
桔梗屋さんが炎の龍、弥生さんが氷の龍の頭です(笑)

まぁまた適当に決めます(笑)
では、また明日も頑張ろう!!!



20070523_chinnen_a.jpg

20070523_chinnen_b.jpg

スポンサーサイト

ミリプットエポキシパテの味は苦い(汗)

どうも今晩は~力戦車です~

今日は一旦サーフェイサー(表面の小さな凸凹、キズを無くしてくれる凄いスプレーです)を陳念に吹き付けて表面の状態を見つつ、デカイキズに薄くパテを延ばして仕上げに入っておりました~

やっぱりサフを吹くと立体として解り易くなり、ここをこーしようと言うのが確認し易くていいですなぁ。

かなり作業が佳境に入ってくると変化が無く、刺激が無くなってくるのでモチベーションを保つのが大変ですが今の所は大丈夫な様です。
その為にも作業を詰めてやってるってのもありますね。

それと作業中に指に付いたパテをなめてしまったのか口の中が苦い味がしてます(汗)
ウガイしてマシになりましたがこれは少しヤバイかも・・・(汗)

4月24日に作り始めてほぼ一ヶ月。
だいたいデカイ小さいに関わらず一体一ヶ月ペースは変わらずですね。
早いか遅いかはさっぱり解りませんけど(汗)

では、また明日も頑張るぞ!!!


20070521_chinnen_a.jpg

20070521_chinnen_b.jpg

20070521_chinnen_c.jpg

20070521_chinnen_d.jpg

20070521_chinnen_e.jpg

削れば欠けるデザインナイフの刃

どうも今晩は~力戦車です~
こちら京都は雨ですがどうもね~低気圧になると体だるくなりますよね~
電気ストーブで対抗してやりますってなもんですよ(汗)

と、言う事で今晩は陳念の半変身頭の続き作業してました。

最近あまりしなくなってたパテの粗盛りから削りだして形を出すと言うやり方をしてますが、やっぱりこれも奥が深く楽しいですね~

根本的に実作業してる工程でデザインを考え削っていくアドリブ造形は今回も変わらずなので・・・ま~・・・こんな感じになりましたと言うしか御座いません(汗)

曲線を面白く盛り込んだ面構成を意識しつつ、一九三の半変身頭パーツと同じで「眼」を作らない顔デザインと言う点を押さえて作ってみました~

どうしても「眼」を作ると意識・感情が顔に出てしまい、何か気に喰わないんですよね~。
眼の数を増やしたり、左右大きさを変えたり「眼」の表現法を変えたとしても「眼」の記号があるとどうしてもキャラの意識や感情がそこに出てしまいがちなのであえて避けてます。



今回の陳念ですが僕の使っているミリプットエポキシパテ(青箱)は完全硬化するととにかく石に近い位硬くなる事で有名なやつでして~削る作業を大体・・10分位していると刃が鈍って削れなくなります(汗)

ほんとに硬いと思います。
バンバカ替え刃が減っていきますね~

けど、硬いからこそ有り得ない薄さまで削り込んでも欠けたり剥離したりしないのが良い所だと思います~。

やっぱりこのパテはなんやかんや言いつつ好きだな~

明日は全パーツに荒めに紙ヤスリかけてバランス見ながら仕上げていこうと思います!
そんな感じで今夜も好調!!!

20070518_chinnen_a.jpg

20070518_chinnen_b.jpg

20070518_chinnen_c.jpg

20070518_chinnen_d.jpg

20070518_chinnen_e.jpg

20070518_chinnen_f.jpg

色々やってましたね~ハイ

どうも今晩は~力戦車です~
ここ数日ドタバタした作業工程で軽く慢性的な睡眠不足です~
ちと眠い。

では、ここ数日の作業をダイジェストでおおくりします。
どうぞ~

5月14日?

将軍のパッケージデザイン用のロゴをお習字しようかと思いましたが筆がバキバキで使えず断念。

鎮念の半変身頭、ほぼ大体の形出せました。
今の頭に至るまでに下には二種類位の顔が隠れています(汗)
久々のエポパテ削り出しメインで形出しましたがこれもやはり面白い作業ですね~病み付きになるわ(笑)

鎮念半変身頭イメージはレモン搾り器(笑)
僕の発想に脈略なんてありゃしません(笑)
将軍の正体でも前腕のイメージをトンネル削岩機とか書いていた気がするし(笑)

5月15日

今日はもうそろそろ始めないといけなかった「破壊僧伝説 一九三」シリーズ第参弾「将軍(鬼人態)」のパッケージ用帯の素材作りをしてました~

必要なのは前回までと同じで「将軍バストアップイラスト」「説明文」「英語で書いたイメージ文」「将軍のロゴを墨で書いたもの」の以上4つ。

その内の将軍ロゴのお習字を本日してましたが、デザインワーク全般をヘルプして貰っているjudas君とミーティングしている時に出た事ですが・・・


「読めない自己流書体は止めた方はいい」と言う結論に(苦笑)


確かに親正の文字はやり過ぎて自分でも「こりゃ読めないな・・」と思ってました(汗)
ので、今回の将軍お習字はだいぶと読める書体にして書いてましたが・・・「将」の文字が難しい!!!!

ゴミ袋に「将」「将」「将」の文字だけ書いた紙が山盛りです(笑)
ストーカーにゴミ漁りされたら翌日から被害が止まる勢いの「将」ラッシュです(笑)
「何これ・・?・将だらけ・・・もうこの人のストーカーやめよ」ってなもんですよ。



なんとかまぁまぁ位のやつが書けたので本日終了。
個人的にはベタな習字って感じのやつは好きでは無いのですが、人に読んで貰えないのも悲しかったので(涙)これからは多少読める字にします(汗)

この機会に「親正」の名称を「進右衛門」に変えようと思います~。
イベント会場で誰も名前が読めなかったみたいだし(汗)












20070515_chinen_a.jpg

20070515_chinen_b.jpg

20070515_chinen_c.jpg

20070516_chinnen_a.jpg

母の日でも作業はいつも通り(汗)オカンに感謝(涙)

どうも今晩は~力戦車です~
オカンに日頃の感謝の気持ちを込めて母の日プレゼントあげました。
親不孝全開なので少しでも何か出来ればなぁと・・(汗)



え~本日はパテを500グラム買い足して~大仏ハンマーの持ち手棒を1ミリ太い8ミリ棒に変えて~背中の着物切れ端とケツに流れている帯のパテ盛りして形出しをしてました。

だいぶと分割結合部も出来てきたので大仏ハンマーも保持できる様になりましたね~
本番では完全に接着固定するので完璧に保持できるかと・・。

今日作り足したケツの帯で全体的なシルエットが怪獣的にも見え、なかなかお気に入りポイントになりそうです。
最悪これで全体重を支えて自立させるかもしれません(汗)

これでほぼ作業的には折り返し地点を過ぎた所と言う感じでしょうか?
これから半変身鎮念頭も作るから原型完成はもう少し先ですね~

頑張ります!


20070513_chinnen_b.jpg

20070513_chinnen_c.jpg

20070513_chinnen_d.jpg

20070513_chinnen_f.jpg

20070513_chinnen_g.jpg

20070513_chinnen_h.jpg

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。